スピーカー関連話題

1 9 10 11 12 13

塩ビ材を使っての自作スピーカー、これはなかなかメリットがあります。

まずメリットは、規格が整っているために、いろいろなメーカーからキャップやソケット、エルボといった規格品の継手【つぎて】が出ており、それぞれにデザインが違ったります。それら継手を活用して、パイプをつないだり、太さを途中から変えたりと、ある程度自由度のある工作が可能で、規格品だけに精度も出ます。
逆にデメリットとしては、その規格に束縛されることとで、規格から外れて作ろうとすると大変です。それと塩ビが室内に?と疑問を持たれる場合がある素材というところでしょうか。
実際うちの家内からは、これ工事現場に普通あるよね?と冷ややかです(笑)

さて、塩ビにもいろいろな種類があり、一般的にホームセンターで購入できるのはVUと呼ばれるタイプ。
電気工事用にもっと薄いVEというのと、水道管等の圧力がかかるところに使用される厚いVPというのもあります。

自作スピーカーの方々には、不要な振動を抑えるためにと厚いVP管を利用されている方も多いのですが、VUよりお値段もお高めです。
またホームセンターでは太いVPがあまり置いてないこともあって、基本的にはVUを使っています。

またパイプを長いまま使うタイプには挑んでいないので、VUでも特に問題はありませんし、後述するソケットを利用しており強度的には大丈夫かなと思ってます。
それにソケットを使うと工作精度のアラを隠せる(笑)

まあ、わざわざご紹介するほどのこともない内容なんですが、なんでもアップしようということで^^
上面ユニットの製作が多いのでこの方法にしてますが、前面ユニットタイプだとあまり活用法はないですかね(汗)

ソケットとは、パイプを直線的につなぐ継手材です。

キャップとソケットの間には、パイプを双方に差し込んでキャップとソケットを密着させて固定します。パイプを適切な長さに切ればそれだけで強固に固定できます。
接着剤まで使うとあとで塩ビならではの分解ができません。
せっかくあ~だこ~だと試行錯誤がしやすいのですから、接着してはもったいない^^
まぁ、納得した作品に仕上がった際には接着も良いかもしれませんけどね。それに接着しなくても十分固定できます。

あと、もう少し長くしたいというときは、ソケットをもう1段追加したりします。
内部の空気量がもう少しほしいみたいだから、2段にしてみるか…というノリです(笑)

で、オイラがもう1点重宝しているのは…

太いパイプは塩ビノコギリでギコギコとカットするのですが、水平カットがなかなか難しいのですね。
ちょっと傾いて切れたとか、凸凹気味であるとか…だいぶんと慣れてはきましたが、機械でカットしたような精度は難しい…丁寧にヤスリで整えればよいのですが、けっこう根気が要ります。
VU150クラスになれると、高速カッター(電動工具)を使っても一度で切れないので精度面では難しそうです。

精度が出ない状況だと、下部キャップ(土台)に差し込んだら微妙にパイプが傾いて見えるとか、上部キャップも同様にしっくりこない…なんてことがあるわけですよ。

そこでソケットを使うと、多少つなぎとして差し込むパイプのカットの制度が悪くても、キャップとソケットがぴったりと接合すれば良いのです。

まぁ、カットをうまくすればいいじゃん、と言われればそれまでなんですが…(汗)
パイプのみより、ソケットを重ねることで筐体強度も増す(耐震性)はずですからメリットはあるでしょう。

お気軽に塩ビで自作スピーカーと思っているところに、いろいろと機械まで購入してたら大変ですから、まぁ一石二鳥ということで^^

 

2008年01月13日作成
2011年11月26日一部更新

 

オークションを見ていたら、オンキョーが発売しているダンボール箱を筐体とした小型スピーカーのキットを発見しました。
適当な箱に穴を開けてスピーカーユニットを取り付ければ密閉型スピーカーになりますので、そんな感じの商品なのかな…
ということで「これは面白そうだ」と探してみると、バルク品として格安で売られている商品を発見しましたので購入してみることに…

送付用の箱を開けると、横幅が20cmちょっとの小さなダンボール箱が出てきました。
必要な開口は処理されているので、手作りキットといっても作業はあまりありませんね。

このスピーカー筐体と思われるダンボール箱を開けると、アンプ部とスピーカー部が出てきました。
スピーカーは小型タイプでよくみられる逆ドームタイプ。振動板部の直径は2.5cmです。

アンプ部は組立済。乾電池4本を入れるとすぐに使えます。
スピーカーとの接続も、コネクタでワンタッチ。半田ごてもペンチも何も入りません…もう少し手作り感があっても良い気がしますが、お手軽度は最高点ですね(笑)

スピーカー部は、表面のスピーカーを縁取るリング部と、ダンボールをはさんで後ろ面の透明容器をネジ部でまわして固定します。

わかり易いように撮影した写真ですが、小さな空気室のバスレフ型構造となってます。意外に凝ってますね。

両方のスピーカーをセットしました。
スピーカー背面からコードを出す部分の白いゴムが、やや取り付け難いですね。まぁ、これがないとバスレフポートがうまく機能しないことになりますので必要なのですけど…

次にアンプ部。といっても電池を入れるだけ。
とりあえず、手元にあったニッケル水素乾電池を入れてみましたが、電圧が低いのが気になるところ…
 (通常1本当たり1.5vのところニッケル水素は1.2v)

アンプ部の形状に合わせて、ダンボール箱側にも切り込みが入れてあり固定できるようになっていますが、あくまで補助的な固定なので両面テープで接着するなどの対応は必要のようです。

組立て説明書らしきものはありませんが、まぁ悩むこともないと思います。
正味30分程度あれば完成すると思いますね。

さっそくパソコンのヘッドホン端子から本キットにラインを接続します。
そして、電源を入れてみると…「鳴った!」

けど、やけにノイジーだなぁ…と思いましたが、やはり電圧の問題ではないか?

ということで、新品アルカリ乾電池に換えたところクリアな音質に!
オンキョーの名前を冠しているだけありまして、アンプ部もそれなりの品質ですね。

内部はそれぞれスピーカー背面に小型のバスレフ型容器が付いてますから、ダンボール箱そのものは実は第二空気室っぽい感じです。
まぁ、Wバスレフというほどの動作は見込めませんが、それぞれスピーカー背面から漏れる中高音域の遮断効果が見込めるところでしょうか。
なかなか面白い商品です。

 

2009年06月12日作成

 

いろいろな車載用スピーカーの中から、塩ビパイプを使った自作スピーカーとして手ごろな大きさを前提に

BOSCHMANN AL-100SE

というモデルを購入しました。
元々はアメリカのメーカーから独立したドイツ人によるメーカーのようです。現在は活動拠点をアジアに置いているのかな?

BMオーディオジャパン株式会社

今回購入した商品は、ウーファー(ミッドバス)とツィーターのセパレート式のセットで、ネットワークもセットになっています。

ネットワークとは、簡単に言えば低域をカバーするウーファーと、高域を担当するツィーターそれぞれに適合する音信号を振り分ける部品で、通常はコイルとコンデンサで構成されています。
(ツィーターに低音信号が入ると最悪壊れます)

このネットワークが付属していることから、細かいことを考えずに簡単に2wayにスピーカーを組み立てることができます。

このスピーカーの仕様をみますと、

 

  • ウーファー   
      10cmカーボンファイバーPPコーン
  • ツィーター   
       25mmPEIバランスドーム
  • クロスオーバー 
      6dB/OCT 12dB/OCT 切り替えSW付き
  • 最大出力    
      140W
  • 定格出力    
       35W
  • 周波数特性   
      40Hz~58,000Hz
  • 音圧      
      91dB
  • インピーダンス 
       4Ω
  •  

    となっています。

    ご覧の特性で、100Hzぐらいまでなかなかの特性です。
    (なるべくフラットな特性が良いとされています)

    それからストンと低音の特性がさがってますね。ところで、最低周波数特性が40Hzもあるのかな…
    通常は、音圧が10dB下がったところまでを特性範囲とするので、大よそ85dBから10dB下がったラインとすれば75dBぐらいになりますね。すると45Hzぐらいという感じではありますが…..詳細な測定方法は知りませんのでそういうことなのかなと^^

    ウーファーです。
    銀色のコーンにセンターキャップがなかなか美しいですね。
    せっかくなら取り付け用のビス穴が4つあれば有難いところですが、肉厚アルミダイキャストフレームで強度はありそうです。
    センターキャップは爪で軽くコツコツとたたくと軽い音がしますので、かなり薄いもののようです。

    こちらはツィーターです。
    実はこのツィーターはドーム部分(内側の黒いフレーム部分)が若干ですが可変式です。なので、少しですが方向をコントロールすることができます。
    まぁ車載用ですから、運転席に向けるなど微調整が出来るようにと思われますが、これは屋内用としてもメリットあるかもしれません。

    そして、これがネットワークが納められたケース。
    自作で2way方式にしようとすれば、パーツ屋さんなどでコイルやコンデンサを購入して組むことになりますが、この点は初心者には助かるアイテムです。
    もちろんステップアップしてのこだわりも持つときがくるかもしれませんが、手始めに2wayスピーカーを作ってみたいというときには、とても面白いアイテムだと思います。

    それではお気軽製作記につづきたいと思います^^

     

    BOSCHMANN AL-100SEでスピーカー自作

     

    2008年01月07日作成
    2011年11月18日一部更新

     

    1 9 10 11 12 13